芸術と文化

芸術と文化

俱知安の豊かな自然を背景に、多くの優れた芸術、文化が生まれて来ました。その魂は古より現在に受け継がれ、町民の生活の中に根付いています。俱知安を訪れた際には是非、この町の芸術と文化の息吹を感じて下さい。

culture_theme

小川原脩
記念美術館

小川原脩(おがわら しゅう)
1911-2002

倶知安出身の小川原脩は東京美術学校(現、東京芸術大学)を卒業後、前衛画家として活動を始める。超現実主義の美術文化協会設立に関与。戦後は倶知安町に戻り60年間この土地で創作活動を続けた。

60歳から中国、チベット、インドで創作の新境地を開拓した。美術館は小川原脩作品を展示する常設展に加え、年間を通して企画展を開催している。羊蹄山の眺めが素晴らしいロビーを持つ。

倶知安町北6条東7丁目1
0136-21-4141
俱知安町サイトからの紹介

culture_ogawara01

美術館外観

culture_ogawara02

右上;常設展会場 右下;ロビーから羊蹄山を望む

倶知安風土館

 倶知安町の豊な自然を学べる博物館。「見て、触れて、感じる博物館」として、解説を大幅に抑えた展示。触る事が許された資料など、生きた暮らしの知恵を伝える博物館です。

館内はニセコと羊蹄山の自然をテーマにしたゾーン、歴史と暮らしを紹介するゾーンを設けています。風土館と美術館の緑豊かな庭園も魅力的です。

倶知安町北6条東7丁目3
0136-22-6631
俱知安町サイトからの紹介

culture_fudokan

左;風土館外観 右上下;生物の展示ゾーン

在住作家の私設ギャラリー

倶知安町在住アーティストによる私設ギャラリーです。ご訪問の際は事前に各施設へ電話予約して下さい。

エスティーギャラリー

 ニセコ高原ひらふに暮らし、ニセコの自然を題材に活動する徳丸 滋さんのギャラリー。作品は油彩画を主に、水彩画、版画なども常設展示、販売しています。徳丸 晋の写真作品も展示。予約制です。

倶知安町字山田74
0136-22-1765
徳丸滋のサイトへ

culture_stgallery

ニセコ・ウパシギャラリー

 スキーやスノーボード、ニセコの自然を題材に創作活動を続ける写真家 渡辺洋一のギャラリー。オリジナルプリントを展示、販売しています。森のなかにある小さなギャラリー。予約制です。

倶知安町字山田105番-20 0136-22-6890
渡辺洋一のサイトへ

culture_upasi

俱知安の文化財

後方後志山の高山植物帯

国指定天然記念物
(大正10年3月3日指定)

 「蝦夷富士」呼ばれる羊蹄山は支笏洞爺湖国立公園に属する1898mの独立峰です。天然記念物に指定されているのは、羊蹄山麓から1300mを越す高山帯と、倶知安登山口の左右455m及び半月湖エリア。指定されている場所は植物の種類が豊富で、山頂部には多くの貴重な高山植物が生育しています。
明治26年9月には最初の植物の研究者が調査を行い、現在に至っても保全や研究が盛んな場所です。

詳しい場所のご説明、ご案内はニセコ羊蹄山岳会までお願いします。

羊蹄山の高山植物帯

左上;比羅夫登山道 左下;エゾノツガザクラ 右上;キバナシャクナゲ 右下;羊蹄山比羅夫側

大仏寺本堂の天井画

倶知安町指定有形文化財
(昭和46年3月30日指定)

 天瑞山大仏寺本堂の天井に描かれた178点。花鳥風月や観音様などを描いた墨絵と彩色画は、初代住職であった斉藤忍髄より、大正3年頃から描き始め、大正7年7月に完成しました。昭和46年に倶知安町指定有形文化財の第1号に指定されました。平成7年、真吉勝俊住職の代に本堂の大改修がなされ、新しい格天井に鮮やかな色彩が蘇りました。見学は事前予約が必要です。

倶知安町字旭100
0136-22-1039

大仏寺の天井画

左;大仏寺外観 右上下;天井画

倶知安赤坂奴

倶知安町指定無形民俗文化財
(昭和60年7月1日指定)

 赤坂奴(あかさかやっこ)は江戸時代、大名行列で先導役を務めた者たちの振りの一形態で、かまひげを付け、槍、長柄、挟箱を持った奴たちによって編成されたものです。倶知安町では昭和8年、陶山増太郎と佐藤村蔵の指導を受け、当時の第一青年団によって奉納されたのが始まりです。戦争によって一時中断されましたが、戦後復活し八幡地区の人たちによって保存、伝承がなされてきました。80年近く地域の方たちによって守られてきた伝統ある民俗伝承のひとつです。例年7月末の倶知安神社例大祭奉納奴行列や夏のくっちゃんじゃが祭りの前振りの奴行列で勇壮な所作を披露しています。

倶知安町字旭100
0136-22-1039

赤坂奴(あかさかやっこ)

羊蹄太鼓

倶知安町指定無形民俗文化財
(平成9年11月1日指定)

 太鼓のロクさんこと高田緑郎さんが昭和38年に創作した太鼓の演奏曲「羊蹄太鼓」は、四季折々の羊蹄山の姿、山頂を目指す人たちの姿を太鼓で表現したものです。羊蹄太鼓はこの町の人たちにとって、ふるさとの音であり、ふるさとの調べでもあります。「太鼓はね、人の心を映すんだよ。上手も下手もないんだよ、大きな声を出して、楽しく打つ、それがロクさんの太鼓なんだよ」、この言葉どおり、羊蹄太鼓は子どもから大人まで親しまれ、演奏され続けてきたふるさとの太鼓なのです。毎年8月上旬と10月中旬には北海道各地から太鼓団体が倶知安に集まり大がかりな太鼓の演奏会が開かれます。

倶知安羊蹄太鼓保存会事務局
0123-23-2759

羊蹄太鼓

左;ひらふ祭りでの花火と共演

俱知安の祭り

じゃが祭り

 昭和38年に開催された「産業観光まつり」がその始まり。この時代、ニセコエリアは国定公園昇格や全日本スキー大会の開催など、観光産業への意識が高まり「これからの町づくりを町民と手を携えて進めたい」との目的で催された農業イベントでした。「じゃが祭り」の名称になったのは昭和51年の第14回から。今では農業関係者は勿論、あらゆる町民に親しまれる倶知安を代表する夏祭りになりました。
 最終日は千人踊りと短い夏の夜を飾る花火。「収穫の秋」を祈ります。

じゃが祭り

左上;会場でのじゃがいもの販売 左下;咲き乱れるじゃがいもの花は夏の風物詩です 右;じゃがいもの収穫風景(畑は祭りと関係ありません)

じゃが祭り

左上;駅前通りでの羊蹄太鼓の演奏 左下;町の子供達の発表の場にも 右;祭りの最後を彩る花火

雪トピアフェティバル

 豪雪の町、俱知安。町民の冬の楽しみとして「倶知安雪まつり」の名で昭和33年に始まりました。自衛隊、倶知安駐屯地と協力を得て、町と商工会議所が主催。昭和38年からは旭が丘スキー場が会場となっています。
「雪だるまコンテスト」「水面滑走トライアル」など参加型イベントも楽しい冬の祭りです。

雪とぴあ

水面滑走トライアル。池を渡り切ればクリア!

ひらふ祭り

 ひらふ祭りは「日本の夏祭り」をテーマに、子供たちや近隣に多く住む外国人の方を含めた地域住民が楽しめるお祭りとして始まりました。
 子供神輿がひらふ山田神社から祭り会場までを練り歩き、その入場とともに祭りの幕が開きます。地元野菜の販売、国際色豊かなグルメ屋台、盆踊り、音楽の生演奏、誰もが参加できるゲーム、餅まき等々。最後を飾るのは、ここでしか体感出来ない羊蹄太鼓と花火の響宴!
 今では6,000人を上回る入場者数の大イベント。国際色豊かなひらふ地区ならではの夏祭りとして、地域の方はもちろん、観光客の方も楽しめる、この地ならではのお祭りへと成長し続けています。

culture_hirafumatsuri01

左;出店は地域事業者の方の協力で。右;大迫力の花火。右下のやぐらは盆踊り&餅まき会場。

ヒラフ祭り

緑の中で音楽や地元の味を気軽に楽しめます。